笠井校教師陣の熱い指導の足跡をご覧ください!!

2016年10月

 こんにちは。

 今回の中間テストで中1のトップ10のうち塾生5名が
トップ10入りを果たしました。

 その中のほとんどはバリバリの運動部。中間テスト前
も試合や練習に明け暮れていました。

 部活と勉強の両立,中学生にとっては大きな試練です。
社会になれば両立という言葉などあてはまらないほど,時には
いろいろなことに同時にがんばらなければなりません。

 この中学という時代は,大人になってからのあらゆる社会
活動に必要なことを身につける時間でもあるのです。

 部活も勉強も頑張る。それぞれができないとき,一方をできない
理由にしないこと。

 受験という大きな試練に立ち向かう時に,その頑張りが
良い形になってあらわれます。

 部活で養ったメンタル的な強さが勉強にもいい成果を与えて
くれるのです。

 部活も勉強もくじけずに頑張りましょう。

 こんにちは。

 10月31日(月)の週より,中間テストの対策が
始まっていきます。

 ここから中3は今まで行ってきた学調に向けた
テキスト中心の勉強から,一転,期末に向けた
勉強にシフトしなければなりません。

 ところが,今回,期末テスト範囲になるところは,
同時に12月の学力調査の範囲となっているのが
実際のところ。

 期末に向けて頑張ることは学調の対策にもなり
ます。

 昨日28日,29日と行っているテキスト確認テスト
は,その区切りとしてやっているのですが,私たちが
チェックしているのは,全てがテキストから出題され
ているこのテストでしっかりと問題が解けるかどうか
ということ。

 テキストをやる意義はテキストの問題を解く事で
自分が分かるところと分からない,出来ないところを
仕分ける,そして次に出来ないものを徹底的に出来
るようにしていくこと。

 形だけでやっている生徒は,仕分けただけ。気持ち
の入った勉強をしている生徒は追及するほうに執念
を燃やす。

 この違いが大変大きいし,このテストで生徒の勉強
に対するその「心の姿勢」が分かってくると思います。

 

 こんにちは。

 中1生は2学期の期末テストの範囲がすでに出ています。

 2学期の期末テストに向けては,早めの準備をしていくことが
絶対に必要です。

 特に学校の提出物(英語のステップパワードや数学の基礎問
など)を直前に提出に間に合わせるためだけにこなす・・・なんて
ことは絶対にしてはなりません。

 また,今回,実技四教科のペーパー・テストがあります。

 1学期の期末で実技4教科を軽視してテスト勉強をしていかな
かったために,無残な点数を取ってしまった・・・
そんな反省を複数の生徒から聞いています。

 内申の「1」の重みはどの教科も同じなのです。
実技科目のテストは期末テストのときの1回だけのものなので,
成績をつける際にテストはある程度の比重がおかれるはずです。

 決してここで気を抜いてはなりません。計画的に進めていくこと
です。

 計画的にとは,スケジュール表を作って緻密に計画をしろという
ことではなく,「タイミング」を考えて勉強しろということです。

 テスト3週前にはコレを初めて2週間前になったらこれをやる。
10日前には何をやり,1週間前に何をやるかを考えることです。

 計画的に進められるかどうか,その実行力も含め,受験生に
なったときのためのこれも訓練です。

 

こんにちは。

以下の日程で期末テスト対策の実力確認テストを全クラス行います。

所定の時間で受験ができない場合は教師まで申し出てください。

11月4日(金)中3A1:午後5:00~7:00
11月5日(土)中3A2/S:午後7:40~10:00
11月6日(日)中1・中2:午後7:00~9:30

なお,11月9日(水)は,学校が短縮授業ですので,午後以下の時間で

Microsoft Word - 期末対策勉強会




↑このページのトップヘ

最後までご覧いただきありがとうございます! また、お待ちしています。