笠井校教師陣の熱い指導の足跡をご覧ください!!

tokokasai

笠井校ブログ ~桐光学院笠井校の軌跡~

2016年06月

29 6月

漢字検定を受ける理由 その3 ~理科の水野~

続々・漢字検定を受ける理由

「テストの点を上げる努力,内申点をあげる努力と同じだから。」

高校入試,3月の試験で高得点を取るため,受験生は必死になります。
当たり前の光景です。
入試に使われる2学期の内申点をあげるため,学校での態度を良くします。
よくある風景です。

でも,どんなに高得点をとっても,内申点を上げても,100%合格になることはありません。
あくまでも「確率を上げる」だけ。

漢検も,あるほうがないより合格の可能性が高まる。
ほら,同じでしょう?

漢検に力を尽くせない人は,テストも捨てますか?内申点もいりませんか?
得点,内申点を上げるためにがんばれるなら,漢検にもがんばれるはず。
29 6月

漢字検定を受ける理由 その2 ~理科の水野~

続・漢字検定を受ける理由

「入試のときの内申書に書いてもらえるから」
だけではその気にならない生徒へ。

「読解力が上がる」という効果もあります。

漢検には,対義語・類義語や熟語など,語句の知識を必要となります。
語句の意味をたくさん知れば,文章を読みとりやすくなる。
もし知らない語句でも,漢字の意味から語句の大体の意味を推理できる。

漢字・語句の練習から,読解力を伸ばすことができる。 

まだその気になりませんか?
それでは…漢字検定を受ける理由 その3へ。
29 6月

漢字検定を受ける理由 その1 ~理科の水野~

先週から,漢検の申し込み用紙を配布しています。
一部からはこんな声が。
 
なんで受けないといけないの?

そんなときの,一番わかりやすい答えは,
「入試のときの内申書に書いてもらえるから」
なのですが・・・これだけでは,その気にならない生徒もいます。
 
そういう子は…次回,漢字検定を受ける理由 その2へ。

Microsoft Word - 漢検ポスター

29 6月

高校入試説明会 2016 IN 浜松日体高校

こんにちは

「敵を知り己れを知れば、百戦殆(あや)うからず。」

は孫子の兵法(古代中国 戦いにおける戦法の書)を出典とした

有名な言葉です。この言葉はさらに続きもあり、

彼れを知らずして己れを知れば、一勝一負す。

彼れを知らず己れを知らざれば、戦う毎に必ず殆(あや)うし。

意味は次のとおりです。

敵の事情を知り、わが力を的確に把握している者は、戦えば必ず勝つ。

敵情を知らず、ただ自軍の実情だけを把握して戦うときは、勝ったり負けたりである。


敵情を知らず、自軍の実力すら把握できないで戦いに臨む者は、戦うたびに、必ず滅
亡の危機にさらされる。



敵の事情とはこの受験を戦いと見立てれば高校入試そのものです。

入試というものの中身,合格者の決め方,その入試に向けての挑み方・・・

そのすべてを説明会にて話します。(中3対象)

その前に・・・己の中の「内なる敵」を滅ぼしておきましょう。

Microsoft Word - 高校入試ぽすた





28 6月

どうした中1 社会チェックテスト 杉村

こんにちは。

期末テストの対策期間中は
お休みしていた社会のチェックテストが先週から再開しました。
 
社会の授業中に毎回行っているこのテスト、
テスト対策前に実施した前回のチェックテストでは、不合格者は1人。
しかし
先週は5人が不合格。
期末テストが終わって、ちょっと気持ちのゆるみが出ているのか
基本的な勉強の積み重ねが,大きなテストでの力となっていくことを
忘れないことです。
 
7月には桐光模試もあります。
目標をそこに据えてまた頑張りましょう。
 
先週不合格だった生徒、今週は必ず合格すること!

今週のチェックテストの範囲は⑦です。
 
満点合格、おめでとう!
煙山さん
髙井(幸)さん
髙井(春)さん
髙井くん
齋藤さん
渥美くん
門奈さん
五十嵐くん
米山くん
水谷さん
鈴木(博)くん
森谷さん
榑林さん

以上

アクセスカウンター

    記事検索
    ギャラリー
    • 今週から実力アップ講習スタートです 杉山
    • 中3生は今週から一気に切り替えます   鈴木佑典
    • 中3生は今週から一気に切り替えます   鈴木佑典
    • 英数終了者がでました    鈴木佑典
    • 英数終了者がでました    鈴木佑典
    • 実力UP講習が始まります    鈴木佑典
    • テスト~夏が始まる   平野
    • テスト~夏が始まる   平野
    • テスト~夏が始まる   平野
    • ライブドアブログ
    最後までご覧いただきありがとうございます! また、お待ちしています。