笠井校教師陣の熱い指導の足跡をご覧ください!!

tokokasai

笠井校ブログ ~桐光学院笠井校の軌跡~

2016年04月

30 4月

整理

こんにちは。

GWを利用して部屋の整理をしました。・・・一応A型です。

整理するときに,いらないものは思い切って破棄したり,

暮らしに重要でよく使うものはすぐに取り出しやすいところに

入れたり・・・昔,なくしたと思っていたものが,整理している

時に出てきて,ちょっぴりうれしかったり。

宝の持ち腐れのような感じになっていたものの用途を見出したり。

そして,頭を使って整理し整理されたあとは心もすっきり・・・。


 勉強もコレと同じです。


 頭に入れるときに「整理」していれることで取り出すときにすぐ利用できる

知識となります。

 関連するものと一緒に頭に入れることでこれも使うときに便利。

 単発の知識よりも,いろいろなことを関連付けて,あるいはセットで憶えると

効率よく憶えられます。

 一生懸命に憶えたことは,忘れるかもしれませんが,それは引き出しが

一時的に開かなくなったこと。どこかにあるので思い出します。

 そして,次はそうならないようにしっかりと入れなおします。

 整理をせずに,物が次から次へと不規則におかれているだけでは,探し物
に時間がかかったり,すばらしいものでもその存在の価値すらうすれていく
ようです。

 あとはこれを維持することが大切ですね。

 



30 4月

抜け駆け 〜理科の水野〜

小6漢字コンクール対策のテストをしていて,
みんなの点数が上がること以上に嬉しかったのは,
こういう言葉をよく聞くようになったこと。
『やった!,◯◯ちゃんに勝った!』
『次は絶対◯◯に勝つ!』 

勉強は個人の戦いでも,テストは競争。
勝利には喜びを,敗北には悔しさを感じることが,
次の成功につながります。

連休中も,頑張っているかな?
30 4月

もうすぐ本入部!

 こんにちは。

 笠井中,中1生の所属する部活動がほぼ決まってきているようです。
5月には本入部です。

 生徒に入部希望の人数を聞くと,今年は陸上部とサッカー部の人気
がダントツ高いようですね。次に続くのがソフト部という感じです。

 小学生のころの部活動とは違い,中学校生活における部活動に占める
時間的な割合も,気持ちの面での占める割合も比較にならないほど大きい
ですから,勉強以外の大切なことを学べる場です。

 人間関係における様々なこと,・・・上下関係・礼儀作法・精神力・・・

 それらが、社会に出たときの対人能力やスキルに大きく影響するのでは
ないでしょうか。


 また,部活動で鍛えられた精神力は受験期の勉強のときにも大いに役立ちます。

 毎年後半戦で驚くほどの成績の伸びをしめす受験生の中には,厳しい部活動
に参加し,特に忙しく,両立に苦しみながらも頑張りぬいたという経験をした生徒
が多い気がします。

 その部がどんな部活であろうと,中途半端な活動ではなく,どっぷりとつかってみて
ほしいと思います。

 ところで,笠井中 男子テニス・サッカー・PC・柔道の部長は桐光生ですが,部長
という任務につく人はさらに大変だと思います。ひとつにまとめるために,信頼される
ことが大切です。気苦労も多いでしょうが,それらはすべて成長の糧になります。ぜひ
がんばってほしいです。

 

 

29 4月

4月最後の授業の日


こんにちは。

2016年が始まり,3分の1が過ぎました。

桐光の新年度が始まり,2ヶ月が過ぎました。

明日29日(金)からGW。4月最後の授業の日。

中3生が修学旅行でしたので,中3生がいない分

個別授業の時間枠を増やしています。中1生と中2生の

個別風景です。


IMG_0013
・村井先生(数学)細かーく,見てくれます。


IMG_0064










・個別授業のとき,水野先生の辻説法が始まりました。

IMG_0015










・英単語を覚える特訓!学校はアルファベット。
先取りでどんどん憶えちゃおう!


IMG_0073










こちらも英単語を必死で覚える中2生。

IMG_0067










春期講習後,4月入塾の生徒も早や1ヵ月。頑
張っています。

IMG_0082










社会の岩瀬先生による社会個別がついに実現!


IMG_0081












IMG_0080










「GWの宿題,しっかりやれよ!」BY水野
29 4月

裏切り 〜理科の水野〜

前回の記事でお伝えした通り,昨日の小6漢字コンクール対策テストは,全50問。
生徒たちは今まで通り25問と思っていたので,問題が配られるなり『ゲッ(; ̄Д ̄)』という表情。
ここまでは水野先生の予想通り。
そろそろ時間配分も意識しないとね( ̄ー ̄)

ところが,そこからの小6は予想と違った!

驚きの表情は一瞬で,次の瞬間には気持ちを切り替え本気の姿勢! 
予想より大幅に早く解き終わっている・・・やるなあ。

そして結果。49点がふたり,48点がひとり。
『時間も短いし,出来ても45点くらいかな〜』と思っていた水野先生,甘かったです。

態度・結果ともに,嬉しい裏切りでした。 
アクセスカウンター

    記事検索
    ギャラリー
    • 実力UP講習が始まります    鈴木佑典
    • テスト~夏が始まる   平野
    • テスト~夏が始まる   平野
    • テスト~夏が始まる   平野
    • テスト~夏が始まる   平野
    • テスト~夏が始まる   平野
    • テスト~夏が始まる   平野
    • 傘をお忘れではないですか  鈴木佑典
    • 中1模試&特進課題テストの様子  鈴木佑典
    • ライブドアブログ
    最後までご覧いただきありがとうございます! また、お待ちしています。