こんにちは。数学担当の杉山です。

前回のブログでは、「提出物を期限までに出す」ことを書きました。

今度は、提出物の内容についてです。

提出された問題集が、(途中式とかがなく)答えのみ書いて、すべて丸だったら、学校の先生はどう思うでしょうか。

「あ、この子は答えを写しているんだな。」と、思うでしょう。

こう思われてしまったら おしまいです。

その印象のまま、成績(内申)がつけられてしまいます。

全部バツでも良いので、途中を書いて、「頑張って取り組んだ」と分かる提出物の方が評価は良いです。

桐光の宿題でも同じことが起きます。

桐光に行く前日になって宿題をやり始める。

1週間前の授業を覚えていなくて、分からない。

時間が無くなって、答えを写す。

これでは、できるようにはなりません。おしまいです。

私は、授業後2日以内に宿題をやるよう話をしています。

宿題に不備がある子には、必ずいつ宿題をやったか聞き、同じ話をします。

何回でも話します。

長くなりましたが、

結局、答えを写したら お・し・ま・い・DEATH。

自分の身に1000倍になって返ってきます。