中1の英語は

1学期のころからほぼ毎週テストを実施しています。

簡単なテストもあれば

受かるのが難しいテストもあります。

正直、受かるのが難しいテストのほうが多く、

半分以上追試が確定だろうという予想のもとで

テストを作っています。

追試は子どもたちにとっては負担でしかありません。

(もちろん、送迎にご協力いただいている保護者の皆様の

ご協力なしにはできないのですが)


追試をやっても時間もかかるし

部活動でクタクタになってから桐光に来ること自体も嫌でしょう。

それでもテストを受け続けてもらうのは

定期テストで点数をとってほしいというのもありますが、

ゆくゆくは

2年後、受験生となったときの皆さんのためです。


「あー、1年生の時に、もっと単語とかしっかりやっておけばよかった」


中3で入塾してくる先輩たちは

口をそろえてそう言います。

そんな後悔はしてほしくありません。


勉強は自分のためです。

いつまでも「やらされている感」をもっていても

進歩しません。

「ちょっとでも進化してやる!」

その気持ちが点数UPにつながります。


昨日の自分より、アップデートを。


中1生のみなさん、

追試に来るのを、待っています。

夏 勉強中 男の子1