中3生の学力調査が返却されていますが、

笠井中学校に限らず、

どこの中学でも今回の学調は

苦戦した生徒が多いようです。


特に、英語と数学で難しい問題がそろっていたようです。


英語について言えば、第一印象として

「大学入試の変革の流れが中学にもきているな」

と感じました。

連日のニュースでも、

大学入試に民間の英語の試験を取り入れるという話が出ていますが、

こちらは「話す」「書く」という技能の向上が狙いです。

今回の学調では

今までにない形式で出題されたことに加え、

「書く」問題のレベルが上がっていました。


いかに自分の言葉で、知っている文法と単語を使って

意見を述べることができるのか。


その力を問題を通して見られていたと感じます。

英作文が苦手な子にとっては

相当苦しい問題であったことは容易に想像できます。


テーマとして取り上げられているものについても

「時代が令和に変わったことについて」

「お札の肖像画が変わることについて」

など

時代背景を反映させたものが出ています。


来年のオリンピックも見据えて、というところもあるかもしれませんが、

「身の回りのことも英語で表現できるようになってほしい」

という関係者の思いが何となく伝わってきます。


おそらく、第2回の学力調査や入試においても

「書く」問題は例年以上に難しくなることは考えられます。

私は授業で時折、英作文を出題していますが

今まで以上に英作文の問題にも力を入れていこうと思います。


まず、中3生の皆さんは第1段階として、

7:00~の時間で行っている単語テストで

単語を完璧にマスターしてください。


小さなことからコツコツと、向上心をもってやること。


それが第2回につながります。


今後の皆さんの頑張りに期待しています。