記代先生がお子様たちの連休の大変さを記事にしてくれた後で,

あえてこの記事を書きます。


連休中は,各教科から宿題がでます。

いつもより多いです。


中学生の宿題量が多くなります。


社会では,

次の6月のテストに向けての対策問題を配布していきます。

連休中の宿題。

これには意図があります。


連休中に学んだことは期末テストの時には忘れていると思います。


ただ,

①「全く知らない」という状態と,

②「なんとなく知っている」ではその後の記憶回復に差がでますし,


③「ちょっと考えれば答えられる」の状態にしておけば,

④「すぐ答えられる」はもう目の前です。


連休中は,「ちょっと考えれば」や「なんとなく」が,

「全く知らない」に戻る可能性が非常に高い期間です。


しばらく会ってない,かつ興味があまりない人の名前は完全に忘れます。

誰でもそうです。


「なんとなく」でも覚えている状態を維持するために,

宿題を出します。

連休後に復習して,「即答できる」をめざします。