小学生
IMG_0234

教師がすぐ横についているので,ほんの小さな表情の変化や,微妙な動きを読みとることができます。

小学校低学年のお子様だと,自分からはなかなか言葉を掛けられないということもあると思います。

私も小さいときは引っ込み思案で,内弁慶でした。

桐光学院の小3~小5の指導は,個別対応の指導です。

その子その子で,動くきっかけとなる言葉は違います。

どの言葉を掛けるのが効果的かは,点数をみているだけではわかりません。

勉強するときの姿勢も大切ですが,お子様の表情と行動に表れる,「あたまのなかのかんがえ」を読み取り,適切な声掛けをしていきます。