こんにちは。

 最強の寒気がやってきました。受験生には体調管理という課題も加わります。
そして週末,大学入試では「センター試験」が始まります。

 この1年で最も寒いシーズンになると「受験シーズン」にはいったとあらためて実感します。

 さて,この時期,受験生にとっての週末の時間の重要性には計り知れないものがあります。

休みとはいえ,いつもと同じ時刻に起床し、朝から勉強に没頭します。日曜日の午後からは桐光の講習。その後も一休みしたら勉強をどんどんこなしてまた夜に没頭します。

気付いたら勉強時間は1日,10時間以上・・。

 緊張感を持ったモチベーションの高い生徒の週末はこんな感じです。受験生には普通で珍しいことではありません。


 一方,こんな受験生もいるのでしょうか?

 昼近くまで寝ていて,勉強のスタートが午後遅くから,でも集中しきれない・・・・。中途半端な時間が日中に続きます。結局,夜遅くなってからようやくスイッチオン。
夜更かし勉強でまた日曜日に遅く起きる・・・。

上記のようなふたりがいたとして,土日トータルの学習における収穫の差は歴然です。

 もしこの時期に後者のような受験生とは名ばかりの週末生活を送っているなら,速やかに志望校を落とすべきです。本番に向けた準備にさえ気持ちの入らない人に,最も厳しい本番の戦いを勝利できるはずはありません。

 受験における競争は,受験日より前に実は始まっていて,気を抜いた者が競争から脱落していくのです。

 人生を左右するかもしれないという受験が来るというのに,どうしてそうなってしまうのか?

 「なんとかなるだろう・・・」そんな甘えが心にあるのかもしれません,・・・・。

 しかし,私は過去に「何ともならなかった」生徒もたくさん見てきました。

 自分の受ける高校を受験するライバルたちはみな本気で戦っていて,週末に1週間の勉強の勝負をかけている,だから自分も・・・!

 そんなふうに自分を鼓舞することができれば,この厳しいシーズンを乗り越えていけるはずです。

IMG_9501