こんにちは。

 

今回の中間テストの結果が出揃いつつあります。

 

全体的に伸ばした生徒,一部の教科ですが成果を挙げられた生徒,全体的に振るわなかった生徒・・・と,様々です。

 少しでも成果を出すことが出来ればそれは自信につながり,次回への成果への足がかりとなります。今回は1ヶ月後にまた次があるのですからすぐに行動につなげなければなりません。

 

さて,中間テストについて話すとき,部活動が直前まであって勉強がうまくまわらなかったと,等,勉強以外のことで「忙しかった」いうことを反省として言っていた生徒がいます。

 

しかしそれは言い訳でしかありません。忙しい部活に入って頑張ろうという決断をしたのは当の本人です。それを理由にしてはいけません。一方,部活動に追われていてもキッチリと成果を出せた子もいます。

 

さて,この部活動ですが,かつて,ある中3生の面談で「部活動で忙しかったときの方が時間がある今より集中して勉強できていた」という話をしていたのを思い出します。これに類することは何度か聞いたことがあります。

 

これは,忙しい部活動の中,頑張って勉強をしていた時期が続いたことで,時間の管理が上手くなったということだと思います。スキマ時間などを利用して勉強の時間を作り出そうとするし,効率よく勉強が進められるよう工夫もうまれます。時間管理力がついて,集中力を研ぎ澄ませることができるようになり、結果的に成果が出せるようになるのだと思います。

 

ヒマな人は時間があるので無為に時を過ごしてしまいます。工夫をしようという発想もありません。時間があるとダラダラとしてしまい,集中して勉強できる力も伸びません。

 

中学生は受験のことも感がえれば「日々,忙しい」くらいがちょうど良いのかもしれません。

IMG_1144