こんにちは。

 

私がこの仕事でまだ新人教師だった頃に,先輩から言われたことがあります。

「教師五者論」といわれるもので,今でも頭のかたすみにいつもあります。

 

それは,教師は『五者』であれ」という訓戒です。

この五者とは、「学者・医者・役者・易者・芸者」のこと。


  例えば,まず(教師は)「学者であれ」と。教師は子どもに学問を教えるのです。
 学力や知識に秀でていなければなりません。また「医者であれ」とはアドバイス
 や指導が的確に出来ること。これも教師として不可欠な素養です。

  しかしこれ以外は人間性を磨かなければできないな
もので,自分を省みるときに
 
いつも自分の未熟さをつきつけられます。


 例えば「役者」とは,惹きつける魅力を持つこと,
 「易者」とは子供の適性を見ぬいて可能性の道を開いてあげること。

 「芸者」とは学ぶことが楽しくなるような環境をつくること。

 学力や知識が圧倒的に豊富で,明るく魅力があり,的確な指導ができて,子供の可能
 性を見抜き将来に希望を示しながら学ぶことを楽しませてくれる教師。

 まさしく究極の教師像です。

  子供たちも自分の夢や理想を追いかけています。わたしもそんな子供たちの頑張る
 姿を見て教師としてこの理想に少しでも近づいていきたいと思っています。