こんにちは。

 受験シーズン到来!

 さて,世の受験生にとっての「敵」とは一体なんでしょう?

 今では,スマホ,やゲーム等の誘惑も敵とみなせるでしょうか。
勉強中に襲ってくる眠気,自分の中の甘さ,・・・いろいろ人によって回
答は違うかと思います。

 大分昔の話ですが,私が受験生だったときの敵はだんぜん「眠気」でし
た。

 スマホなどなかった時代ですし,ゲームもそれほど普及した時代ではあ
りませんでした。

 テレビは深夜にはやっていないし,・・ですから誘惑するものはあまりなか
ったですかね。今とくらべるとそういう意味では恵まれていたのでしょうか?
 思い出すと唯一,ラジオが気分転換のツールでした。中島みゆきのDJとか
よく聞いていました。時代がばれてしまいますが・・・

 私は,眠気と,格闘してどうにもならなくなると,眼の周辺やまゆげ
のあたりに「サロメチール」という筋肉痛に効く薬を塗っていたのを思い出
します。(まねしちゃダメです、眼が痛くなります)

 現代では,インフルエンザなどのウイルスが受験生にとっての大敵。
あの時代こんなしょっちゅうはなかったような気がしますが,今は毎年のよ
うに流行しています。笠井中でも現時点で40名以上がかかっているようです。

 また,受験生の中には実はインフルエンザ,風邪以外の症状で悩ん
でいる生徒もいます。

 それが「花粉症」,そして「しもやけ」です。本人たちから聞くとどちらも勉強
に集中できないほどのたまらない症状だそうです。

 この時期にこんな悩みにおそわれるとは,・・・。本人たちの切なさを考える
ととてもかわいそうになります。でも自分はなったことがあるわけではないの
で苦しさもわかってあげられません。体質から来るものですから,本人が悪い
わけでもないですし・・・,私としても本当にいたたまれないきもちになります。

 考えられる措置は全部とっても,症状はかすかに和らぐ程度。まったく気に
ならないような段階までおさまる方法があればよいのですが,どうもその可能
性は低く,受験まで格闘が続くようです。

 同じ受験校を受けるライバルたち,自分の中にある敵,病気そしてウイルス
さらに誘惑・・・。

 受験生にとって「敵」は一つではないのです。勉強そのもの以外にも襲ってく
る敵たち・・・あらためて,受験とは大変なことだと思ってしまいます。