真ん中より少し上を狙え

私が教員生活を始めて間もなく、先輩の先生から授業を組み立てる際にいただいたアドバイスです。

『授業を進める際は、そのクラスの中間より少し上のレベルの生徒が最も伸びるように授業をしろ』ということです。

さて、笠井中学校1年生の2学期中間テストの分布表を見せてもらいました。

数学の分布表を見ると『真ん中より少し上』の層、得点でいうと26点から35点の層が一番少ないです。

この分布表を見たら

『先輩、この分布で考えるとどのレベルを狙って授業をしたらよいでしょうか?』

と、若かりし頃の私だったら聞いてしまうかもしれません。

それ程、点数を取れている生徒と取れていない生徒の差がハッキリと出ています。


学校の先生方も悩みながら授業をしているのかな、と思いました。