こんにちは。

 最近はPCやスマホなどの普及によって手書きの機会が減少し、
以前より漢字が身につきにくい,そういう時代だと思います。

 私たち大人でも、手紙を書いたりしなくなったので,時に漢字が
なかなか思い出せないときさえもあります。

 
 現在小6は漢字コンクールに向けて勉強しています。

 こういう機会を設けることで特に漢字に特化した勉強に取り組める
ことはとても大切だと考えています。

 漢字が得意な生徒もいれば,苦手な生徒もいますが,得意でも苦手
でも漢字を憶えるには反復学習しかありません。

 ただ,反復するにも意識の違いでその反復が違ったものになると思
います。

 例えば,漢字には意味があるのでその意味を理解するという認識が
大事です。また漢字は、「へん」「つくり」「かんむり」「たれ」などさまざま
な「部首」で構成されていますのでその部首を考えることで漢字の意味
や成り立ちを深く理解し,漢字の奥深さが感じられるようになれば
しめたものです。それが漢字力のアップにつながります。

 そういうことを考えないでただ反復していると文字が頭の中で「記号」
化してしまいます。そうなると定着が難しくなります。

 漢字のトレーニングは漢字コンクールまで続いてきます。