こんにちは。

 あと1週間で始業式がスタートします。

 新中3生は,特に1学期の内申,そして最終2学期の内申
本番まで,あと2-チャンスしかありません。

 月で言えば11月末までしか内申を上げる努力をすることは
できません。8ヶ月の猶予です。

 先日のブログでも述べたとおり,この春休みの課題は1学期
内申の判断材料となります。

 笠井校中3生の3学期の内申に関して男女の結果を比較
してデータを集計しました。

 笠井校中3生の2学期の学年末テストの得点の平均を出しまして
男女で比較してみると,・・・・男女間の差はほとんどありませんでした。
5教科総合得点で2点だけ女子の方が勝っています。

 一方内申点の合計得点で比較してみると2.2点女子の方が高い
のです。

 得点ではほとんど変わらなくても女子の方が内申点が高いという傾向
がわかります。これは集計を取らなくても想像に難いことではないですね。

 例えば提出物をキッチリ出す。このキッチリさ加減。

対比とに関しての礼儀,人当たりのよさ,表情などのアピール度。

女子にアドバンテージがあることはわかります。

 私が言いたいのはしかしながら男子でも内申点が高い生徒がいる,
過去に何人も上げた生徒がいるということです。

 努力をしなければ何も変わらない,変わる筈がない。

要は,その努力というものをこの春休みからしているかどうかです。

 新中3生は宿題の精度を提出前にもう一度チェックしてください。

・芝本校http://shibamoto.blog.jp/

・中郡校http://nakagori.blog.jp/

・北浜校http://kitahama.blog.jp/

・与進校http://yoshin.blog.jp/