こんにちは。

 例えば,サッカーなどのスポーツの世界では,大きな試合などのあとには
必ずゲームビデオを見たり,ゲーム中のいろいろなデータを分析したりと,
常に次に向けての反省を行い,自分の良くなかった部分を修正しますね。

 これは1週間経ってやったのでは意味がないことなのです。
試合での感覚がまだ生温かく残っているうちにやらないと意味がな
いそうです。

 勉強も同じで,どんなテストでもすぐに振り返ることは大切です。
模範解答は分けない方針の先生もいらっしゃるようですが,
我々が見ますので,塾生はぜひ今,テスト直しはきっちりとやってください。
次に同じ問題が出たら完璧にできるように。

 ・・・ところで,生徒は,テストは直せても,テストについての他の情報が一切
与えられないので,自己分析・自己評価は難しい部分があります。

 テストを受けてもそのバックグラウンドがいつもはっきりされません。
驚くべきことに平均点は例外なしに,発表されることはありません。
はっきりするのは2週間以上経って出されるテストのグラフが出てからです。

 自分たちが受けたテストが全体ではどうだったのか。自分は果たして
成果を出せたのかどうか,点数が悪いテストなら,自分ひとりが悪いので
はないだろうかか,周りの友達はどうだったのか・・・

 いつも得点分布表で公表しているわけですから,せめて平均点ぐらいの
データはテスト返却時に与えてあげてほしいと思います。