ピカソの「ゲルニカ」も教科書に乗っていて有名な絵です。
でも私も反戦の絵であるという程度しか知らなかったので
ググってみました(グーグルで調べてみました)。



「・・・スペインの小さな町ゲルニカで起きた惨劇に対し、
(ピカソが)悲しみと抗議の意味を込めて作品を描き、
「ゲルニカ」と名づけられた。」


「・・・ナチスドイツは、人類史上初の「無差別爆撃」を
スペインのゲルニカという町で実験した。空襲により、
いかに効率的に非戦闘市民を殺戮できるのか・・・。」



そのナチス・ドイツの卑劣な攻撃法は驚くべきものです



①まず戦闘機で市街地を機銃掃射し、市民を建物に追い込む。
②次に建物を爆破・破壊し、市民を閉じ込める。
③最後に、爆撃で建物に大規模な火災を起こします。
結果ほとんどが焼死・・・・

ゲルニカは小さな町で、少ない戦力でもその戦法の効果を
試すことができたそうです。


そういえば昔スペインの美術館に実際に行って,この絵を見てきた
友人がこういっていました。
実際はとても大きな作品みたいです。
「この絵,すさまじいよ。なんかピカソの怒りが聞こえてきそうだ」
と・・・


image%3A10687





 


 


 



 









そして,実はこの攻撃法は後,実戦で使われることになり,
日本もこれを中国で行っています。
またアメリカは日本で行っています。