こんにちは。

前回の続き~「自分で苦心して英単語を調べると単語を憶える」のお話です。


 私が高校生の時代は,まだケータイも,電子辞書もなかった時代です。

英語の勉強をするのに辞書(dictionary)は不可欠でした。

英語の先生には,辞書の側面(ページの重なった部分)がきれいだと

ひどく叱られました。

「辞書がキレイ=勉強量が不足=英語が出来ない」

その先生は「きれいすぎると勉強していない証拠」だと言うのです。

「手垢で真っ黒になるくらい(辞書を)引け」といつも生徒に言っていました。


今は技術が進み,英単語がわからなくても,電子辞書で手軽に意味が出てきます。

ケータイでも調べられます。


昔は辞書を一生懸命引いて調べました。

面倒なうえに苦労してその言葉を探し当てたとしても,たとえばいろんな意味を持つ単語の場合は

辞書をさらに読み込んで,自分の探している単語の数ある用法の中の

該当する場所まで行き着かなければなりませんでした。

たった一つの単語の意味を調べるのにものすごく時間がかかることがありました。

でもそれが結果的に語彙力のアップにつながったのではないかと今になって思えます。


わからない単語の意味を人にすぐ聞いて,目的が達せられてしまうと

その時に認識しても,根付きにくく,すぐに忘れてしまいます。

裏づけや背景とともに頭に入れた知識や苦心して認識したものは

そう簡単にわすれない。

以上が,「わからなかったら調べろ」の理由です。