笠井校教師陣の熱い指導の足跡をご覧ください!!
笠井校の日々の取り組み、様子をお伝えします!
どうぞゆっくりご覧になっていって下さい!

こんにちは。

別のサイトに,五月病,必ず治る!解決策がのっていました。

① 趣味やスポーツでストレスを解消

② たっぷり寝る

③ ゆっくりお風呂に入る

④ 好きな音楽を聞く

⑤ 映画や絵画展、コンサート、小旅行などに出かけて気分転換を図る

⑥ 新しい目標を見つける

⑦ 友人や先輩などに、話を聞いてもらう

やはり,この解決法から見ると,ストレスから来る心の病のようです。


 さて,中学1年生に関しては,これからしばらくがストレスのたまりやすい時期だ

と思います。

・・・環境が激変し,生活スタイルが変化して,変わった環境にすぐ適応できるタイプ

の生徒もいれば,そうでないお子さんもいるはずです。

後者の場合も,まずは焦らないでじっくり問題と向き合っていけば

かならず乗り越えられるはずです。

桐光学院でも中1生全員に面談(二者もしくは三者)を実施し,今の現状の学習生活周辺のことに

ついてアドバイスを送っていきます。

こんにちは。

今週から笠井校の玄関に恐竜が登場しています。

個性豊かな多肉植物をただ飾るだけではそれもそっけないので

恐竜のフィギュア(ちょっとリアルなやつ)を買い求めて・・・・。

多肉植物が主人公で恐竜はあくまでアクセントのつもりでしたが,

恐竜の方が主人公になってしまいました。

044


















これは「ステゴサウルス」です。

045

















手前が個人的に私の好きな「ベロキラプトル」,後ろが「スピノサウルス」。
両方とも映画「ジュラシックパーク」では人間を恐怖に陥れる凶暴な恐竜
として描かれていました。
  



こんにちは。

昨日の授業,5月8日〔金〕は一部の部活では大会が控えているということもあって

かなり遅くまで練習を頑張っていたようです。

本入部で正式に部活動に参加する中1も,さすがに今日は疲れを見せていました。

さあ,ここからが中1生にとっての踏ん張りどころです。頑張って!と心からエールを送りたいです。

大丈夫です!君達の先輩方も立派に乗り越えられたのですから。

さて,5月病という病気(?)があるようです・・・。
  
GOOGLEでググッてみると,・・・


「・・・仕事や学校、転居などで環境が変わり、最初のうちは張り切っていたのに、5月の連休明け頃から、なんとなく気分が落ち込む、疲れやすい、仕事や勉強、家事などに集中できない、眠れないといったスランプ状態に陥ること、これがいわゆる「五月病」。精神的な症状だけでなく、食欲不振や胃の痛み、めまい、動悸などの症状を訴える人も多く、新しい環境の変化についていけないあせりやストレスが、知らず知らずのうちに体の症状となって出てくるのです。
・・・・〔中略〕五月病といっても、新入生や5月に限って起きる病気ではなく、完璧主義で物事にこだわりがちな人や、内向的で孤立しやすい人、過保護に育てられた人などが五月病になりやすいといわれています。たいていの場合は一過性の心身の不調で、12ヶ月で自然と環境に慣れ、症状が良くなると言われています。

 
・・・え,私,〔うちの子〕ひょっとして・・・・!?なんて思ってしまうとかえって病気を自覚ししまい,必要以上に大事にとらえてしまいますから,人事のように読んでおくぐらいがいいのかもしれません。病は気から,って言いますから。

↑このページのトップヘ

最後までご覧いただきありがとうございます! また、お待ちしています。