笠井校教師陣の熱い指導の足跡をご覧ください!!

tokokasai

笠井校ブログ ~桐光学院笠井校の軌跡~

笠井校の日々の取り組み、様子をお伝えします!
どうぞゆっくりご覧になっていって下さい!
4 9月

勉強部に入部!

 こんにちは。中3生は学調テストが返却される金曜日までは気が気じゃないですね。・・・でも,次のターゲットに向けて,もう行動を開始せねば!!・・・ということで,授業では,定期テストに向け意識させています。
 次の目標は10月9日の『中間テスト』。「内申アップ最後のチャンスなんだからこの2学期の勝負どころのテストだ!」・・・という感じで生徒にハッパをかけています。・・・ところがこんな時に「体育大会」も控えているんですね。せっかく部活が終わったと思いきや,応援の練習,準備に大変な様子があります。せっかく夏に勉強への一途な気持ちが多少なりとも感じ取れるようになった今,ここでまた気を許してしまったら,日々流されてしまいます。
 ここ,すごく大事なところだと思うんです。今生徒に必要なのは,内申をたとえ,1でも2でもあげること!

 そこで,笠井校教師みんなで考えました。「勉強部」!!・・・とにかく,桐光に来れば勉強するしかないんだから。いままでの部活の時間をそっくりそのまま勉強時間として確保!「勉強部」に所属して勝利をググッと引き寄せてほしいです。

Microsoft Word - 勉強部

3 9月

第一回学力調査終わる

 こんにちは。本日2日(火),中学校学力診断調査(第1回)が行われました。とりあえず中3諸君,お疲れさん!今日,岩本先生と,『どうだったのかな~?笠井校の生徒達は??』・・・そう心配していると,笠井校の近くに住む中3のTくんがわざわざ学調の問題を持ってきてくれました。(ありがとう!)
 彼に率直に感想を聴くと・・・それ程にまで難しいという感覚ではなかったもよう・・・。
 その後,私もすぐに自分の教科である英語の問題を見てみましたが・・・そうですね,基本的な英語力が身についていれば,ある程度の得点ができるように作られている問題である,そう思いました。高得点もたくさん出る可能性があります。やはり,夏期講習の間に確認した重要事項はシッカリ出されていました。「語形変化」に,「条件英作文」・・・「英問英答」もしかり。
 今更ではありますが,夏期講習の内容をしっかり理解→テキストで問題演習できちっと定着させる。~その過程を大切にして,とにかく基本を盤石なものにした人が得点を取れる問題です。明日には返却されるのかな?担当者として笠井校の生徒の成果を信じています。(笠井校のみんなが,テストできてますように!!)

2 9月

英検にチャレンジ!!

こんにちは。本日は英検について・・・。笠井校でも少しずつ英検の申込者が増えてきました。・・・良いことです。でもお金もかかるし,受けるからにはしっかり勉強しなければなりませんから受検を強制するつもりは毛頭ありません。ただ,少しでも「チャレンジしようかな,どうしよう~!?」と迷っている段階まで気持ちが来ているなら・・!!私,杉村は英検へのチャレンジをおすすめいたします。

 メリットははかりしれないですよ…。検定は取得すればこの先の人生に勲章のようにずっとついてまわるし,受かれば当然大変嬉しいですし,励みにも自信にもつながります。3級以上の調査書への記入はもちろんの事,高校・大学へ進学したりすれば英検資格を単位として認める高校・大学も増加しています。入試の際も優遇校が相当数有ります。もちろん進級・進学にしたがって取得級もアップして行く必要はあります。(※下記参照)社会的にも、何も持っていないひとより絶対いいですよ!ぜひ,頑張ってみましょう。

  2級:「高校中級程度」で約3,600語レベル。日常生活に必要な英語を理解し、また使用することができる。

3
級 :「中学卒業程度」で約2,100語レベル。身近な英語を理解し、また使用することができる。

4
級 :「中学中級程度」で約1,300語レベル。簡単な英語を理解することができ、またそれを使って表現することができる。

5
級 :「中学初級程度」で約600語レベル。初歩的な英語を理解することができ、またそれを使って表現することができる。

アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 何見てるの?part2 杉山
    • 何見てるの?part2 杉山
    • GWにむけてプレゼントです  鈴木佑典
    • GWにむけてプレゼントです  鈴木佑典
    • 中3 春の確認テスト結果     鈴木佑典
    • 何見てるの?part1 杉山
    • 何見てるの?part1 杉山
    • 何見てるの?part1 杉山
    • 何見てるの?part1 杉山
    • ライブドアブログ
    最後までご覧いただきありがとうございます! また、お待ちしています。