笠井校教師陣の熱い指導の足跡をご覧ください!!
笠井校の日々の取り組み、様子をお伝えします!
どうぞゆっくりご覧になっていって下さい!

中1・中2 桐光模試

こんにちは。
本日10日(木)より,12日(土)まで中1・中2は通常授業内の時間で
桐光模試を行います。

Microsoft Word - 桐光模試ポスター〔第2回〕日付変えてね

読書の秋

 こんにちは。

 読書の秋ですね。
 前のブログにも書いて,えらそうなことを言ってしまいましたが,
実は私も子供の頃,読書を積極的にしたほうではないです。やっぱり図鑑みたいなもの
を「見る」方が好きでした。

 ただ,きっかけというものがあって,そこから何か変わるものです。

 私は子供の頃からNHKの大河ドラマが好きで,そこから歴史に興味がわきました。
そのころから歴史ものの本を次第に読むのが好きになりました。

 今,戦国武将が好きな(戦国時代だけやたら詳しい)生徒がかなりいますが,
私も子供の頃には「武将」には惹かれるものがあって,そこが私の読書の入り口でした。

 大学生の頃に,なんか武田鉄矢みたいですが・・・,司馬遼太郎さんの『竜馬が行く』
を呼んでとても感銘を受けました。

 今この年齢なっても,寝る前に少しづつ読むという,睡眠導入の「読書」を普通に習慣と
しています。

 先日来,「世に棲む日々」という今の大河ドラマの『花燃ゆ』の吉田松陰や高杉晋作など
についてのお話(これも司馬遼太郎)を読みなおしています。

 ちなみに今の「大河ドラマ」はどうも俳優が下手くそなのであまり観ません。

 読書が習慣づいてない生徒たちには,読書のきっかけを早くつかんでほしいと思います。
興味の持てるものに関しての,「ある一冊」がきっかけになるかもしれません。

読書について

 こんにちは。

 先日このブログでも書きましたが,平成27年度の全国学力・学習状況調査
の回答結果によると,「読書」に関する項目,「1日あたりどれくらい読書をしますか?」
という質問の結果として,「まったく(読書を)しない」(19.9パーセント)をふくめ,
30分以下の割合が62.2パーセントにものぼるようです。
(小6全国集計の数値)

 ちなみに1時間以上読書をする児童は17.6パーセント。
いまさらびっくりするような数字ではありませんが,小学生の余暇の過ごし方の中で
読書という選択肢をもつ子供なんて本当に珍しいという感覚が私にもあります。

 もっと言ってしまえば図鑑のようなビジュアルなものが主流の書籍に目を通すのも
「読書」のうちに入るとなるとこの調査の信憑性もどこまで本来の「読書」の定義に沿って
調査されたものなのか疑わしい部分もあります。

 本来の読書による楽しみ,特に小説などは、文字のみの文章から自分の想像力で
頭の中に登場人物つくりあげ,そこで繰り広げられる世界こそが読書の肝心な部分である
と思います。

 子供たちが読書をしない,読み取る力がない,表現力が乏しい,語彙力がない
そういうことが総合的に学力がなくなっている根本だとも言われています。
この調査周辺のコメントでよく子供の「理数離れ」とか,思考力といったことがよく語られますが
理数の力よりも先に言葉や国語力を高める方に力を入れるべきではないかとも思って
しまいます。
アクセスカウンター

    記事検索
    ギャラリー
    • 来週からテスト対策です(確認)
    • 今週末はテスト&特進授業
    • 新年度説明会のチラシが入ります
    • 2月3日(日)の説明会に関して再確認です
    • 本日の新聞に載ってます
    • この冬まだハイビスカス
    • 学年末テストを見据える 杉山
    • 学年末テストを見据える 杉山
    • 合格絵馬掲示
    • ライブドアブログ
    最後までご覧いただきありがとうございます! また、お待ちしています。