笠井校塾生,保護者の皆様,ようこそ笠井校ブログへ。必見ですよ!

弾みをつける

 こんにちは。

 期末テストの結果(得点のみ)が出揃ってきております。

 笠井中では,まだ「得点分布表」も配布されず,順位も出ておりませんので,平均点など期末テストの背景はいまだにわかりません。

 期末テストが行われたのは15日。さすがにいろいろな意味で生徒の「熱」は冷めてきます。

昔の賢人が,「熱いうちに打て」とはよく言ったものです。

 ・・・さて,私は塾生の前回の定期テストの結果と今回の期末テストの結果を比較しています。

 得点だけで見れば,中3生の得点アップが非常に目立ちます。

 全回と比べて,+41点が二人もいます。次に30点以上伸ばし生徒,また28点+24点,20点・・・得点だけ見れば結構たくさんの生徒が上がっています。

 ただ,順位が出てないので,今回の結果が評価できるものなのかどうかは,まだわかりません。

 しかし,30点40点のアップは,どう考えても頑張った成果と見ていいと思います。例え前回がどうであれ。

 助走にスピードをつけて思い切り踏み込んで高く飛べば,より遠くに飛べるのです。

 テスト終わって大切なのは,次につなげる気持ちを持てたかどうかです。そしてもっと大切なことはどう行動したかです。

 ここで気持ち的にも弾みをつけて,この夏さらに成長してほしいと思っています。


集中力と思考力

こんにちは。

 

最近のニュースでやっていましたが,あの中学生プロ棋士,藤井聡太四段(14)が子供の頃に遊んだ玩具が,飛ぶように売れているそうです。

 

それは輸入品で,ちょっと特殊な「積み木」なんだそうです。

 私も買って笠井校に置こうかと思ったら,なんと,これが3
万円もするそうです。

 今では予約半年待ちでやっと手に入るようです。

 

もちろん,その積み木をやると天才になれるのではなく,それによって養われる思考力や集中力をはぐくむことが大事だということなのだと思います。

 スイッチが入れば集中する,そして思考する。彼は歩いているときに,将棋のことを考えて,それに集中するあまりどぶに何度もはまったことがあるそうです。

 (・・・歩きながら何かに集中しすぎるのも,これは危ないです。)

 集中できる環境に身をおいて,思考する,そんな基本的なことができるか,できないかの違いは,きっととてつもなく大きな差となって現れてくるのだと思います。

 もちろん,もって生まれた才能もあるのでしょうが,幼少期にその基本姿勢が身についてしまった彼がスゴイのは決して不思議なことではなのかもしれません。


夏テキスト配布(中3)

 こんにちは。

 今週末より,中体連の大会が本格的に始まっていきます。

そんなさなかではありますが,受験に向けた一連の重要なテストのうちのひとつ,「県学調」まであと2ヶ月余り。

期末テストが終わった今,少しでも早く,県学調に向けて走り出してほしい,そんな思いが私の中にあります。

幸い,今回の期末テストでは笠井校塾生の中3生の期末テストの結果はクラスで平均点180点を今の段階で超えています。

 前回の2年次の学年末テストの結果よりも得点が上がった生徒が大変多い。学年がスタートしたときよりも,意識が少しずつ上がってきた成果だと私は見ています。

 昨日の中3の授業では少し時間を使い,夏のテキスト(学調対策の桐光オリジナルテキスト)を配布しながら,テキストのやりかたや,完成時期などについての話をしました。

 昨年の受験生(現校1生)も同じようにテキストを配布してやらせていますが,まずは一通り完成するように指示したところ,最速でそれをやり終えた生徒は7月の10日ごろに完成しております。もちろんすべての校舎の中3生のなかで最速でした。

 テキストを早く仕上げることが大切ということではありません。しかしながら勉強のツボは,出来ない,解らない,を確実に出来るようにしていく点にあります。

 ・・とすれば,一通り解く事で自分の弱点を浮き彫りにしたあとに勉強における重要な過程があるのです。

 それには早い段階で弱点を浮き彫りにしておくことが大切です。

 取り掛かりが早ければ今後,効果的な勉強が出来ていくと思います。

SUNP1104




アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 夏テキスト配布(中3)
    • 第1回 桐光模試 出題範囲(中1)
    • 第1回 桐光模試 出題範囲(中2)
    • 就活
    • 中1生 期末テストについて(英語)
    • 特進課題テスト
    • 燃えよ中体連,水泳
    • 燃えよ中体連,水泳
    • 燃えよ中体連,水泳